坐骨神経痛のお悩みについて

坐骨神経痛でお悩みの方

坐骨の痛みに苦しむ女性

腰痛が始まったと思ったら、徐々に下半身の痛みやしびれが始まった、とおっしゃる方もいます。これは坐骨神経痛という症状です。

坐骨神経痛は疾患名ではなく、症状の総称で扱われることが多いです。

痛みを放置すると立ったり、歩いたりすることも辛くなる場合があるため早めに治療がする必要があります。

  • 長時間座っていると痛くて、同じ姿勢でいられない
  • 前かがみになったり、重いものを持ち上げるときに痛む
  • 朝起き上がるたびに痛みが出る、足の裏までしびれている
  • 歩いていると、太ももからふくらはぎ、足の甲までしびれている
  • 他の整体院やマッサージ店に通っているが痛みやしびれが治まらない
  • 仰向けで寝ると、腰が痛くて同じ態勢で眠れない

上記に当てはまる方は、悪化する前に当院へご相談ください。

坐骨神経痛の原因について

坐骨神経痛のメカニズム

坐骨神経は、身体の中で最も長くて太い神経です。腰から足先にかけて下半身全体に伸びている、この神経周辺が圧迫されると鋭い痛みが出ます。痛みがひどくなるとがしびれに変わってきます。しびれの症状が出ると、治療期間は長引くので、しびれる前に対処することが重要になります。

悪い生活習慣が症状の悪化に大きく影響します。例えばデスクワークで長時間、姿勢の悪い状態でPCを使っていると、それが原因で骨盤が歪み、痛みがひどくなってしまいます。

坐骨神経痛を含めた腰痛では、ひどい場合は手術をすることもありますが、手術をしても大体5年以内に再発する統計も出されています。

痛みが強い場合は無理にストレッチなどの身体を伸ばす動作はおすすめしていません。腰を左右にひねる動きは、痛みがよりひどくなる場合があるので、自己流で対処せずにまずは専門の先生の施術を受けた方がいいでしょう。

坐骨神経痛は東十条整体院にお任せください

カウンセリング風景

坐骨神経痛は痛みを放置して、しびれの症状まで悪化してしまうと改善するのに長い時間が必要となります。一度癖になってしまうと、治療を繰り返しても完治するまでに半年から1年ほどかかってしまいますので、早めの対策が必要です。

当院ではカウンセリングを重視していますので、痛みの出た原因や日常生活についてもしっかりお伺いした上で施術を行います。カウンセリングの後は、お尻周りを重点的にほぐしていき、圧迫している筋肉を緩ませ、骨盤がスムーズに動くように施術いたします。

筋肉が緩んで、骨盤がスムーズに動けば、圧迫していた筋肉が緩むことで痛みやしびれが改善されていきます。

坐骨神経痛は再発しやすい症状のため、痛みやしびれがなくなっても1ヵ月に1度来院することがおすすめです。定期的にメンテナンスを行うことで、効果が持続しやすくなります。

当院の施術を受けて、痛みがない生活を過ごすことができ、ストレスがなくなったおとおっしゃる方が多くいらっしゃいます。

坐骨神経痛はすぐに治る症状ではないので、痛みやしびれを感じたら、すぐに改善することをおすすめします。

早めの対処で、痛みのない快適な日常を送りましょう。